2019年10月14日

社員研修で大事なこと!社員が学べる環境を作ること!

社員研修へ参加できるように調整する

社員研修を受けてもらうためには、社員に参加してもらうことが大事です。社員はそれぞれ仕事を持っていますから、重要な仕事と重なると参加できなくなります。そうならないように、事前に研修へ参加する社員とすりあわせをしておくことが大事です。参加できない要因を取り除いて、研修の前後には仕事が重ならないように調整してもらいます。そこまでしないと、仕事が重なってしまうので、研修を受けられない日とが出てきてしまいます。

社員研修の時間と場所は重要

社員研修では時間と場所を選ぶことができます。必ずしも社内でする必要はないです。ただ、遠い場所になると研修に参加できない理由になりますので、そこは考慮が必要でしょう。時間も長期間の拘束になると、参加にしにくいです。研修内容が多くて研修に時間をかけたいときには、研修を数回に分けて行うことも重要です。それであれば、時間の調整が受ける側がしやすくなります。それでも時間の調整が難しい場合は、社員側の意見を聞いてみるといいです。そこに解決策があることが多いからです。社員が持っているアイディアでこの問題を解決できるケースもあるので、話し合いをすることが大事になります。

上司を説得することも大事

社員研修では受ける社員の上司を説得することも大事です。社員研修に参加してもらうためには上司の許可が必要になります。本人が受けたいといっても、上司が許可しなければ受けることができないのです。そうならないように事前に根回ししておくことが大事です。

管理職として必要なスキルを身につけることは、組織における自身の戦力としての認知度向上に加えて、組織内での生存競争での勝利を手繰り寄せることにもつながります。管理職研修の機会は積極利用することです。