2019年11月17日

派遣の運転手の仕事は自分の希望通りに働きやすい!

勤務時間や勤務地を選べることもある

派遣の運転手の働き方は、正社員とは異なりボーナスや手当が支給されないことがありますが、勤務時間や勤務地を比較的自由に選ぶことができます。また、派遣会社によってはドライバーの経験が少ない人でも、一定の研修を行った後にタクシーやトラックの運転手として登録できるようにしているところもあります。最近では、大手企業や官公庁へ役員運転手の派遣を行っている会社の数も増えており、ドライバー歴が長い人であれば、短時間で高収入を稼ぐことも可能です。なお、派遣の運転手に求められる経験や能力は、派遣先のニーズによって大きく異なるため、好条件で仕事を始めるうえで、派遣会社の担当者と定期的に相談をすることが大切です。

派遣の契約満了後に正社員として働けるチャンスもある

紹介予定派遣の運転手は、勤務態度や勤続期間、本人の希望に応じて、派遣の契約を満了した後に正社員として引き続き雇用してもらえることがあります。例えば、新卒で正社員の運転手として就職をすることが難しい場合には、一定期間紹介予定派遣の働き方を選択するという方法もあります。また、派遣から正社員に登用される条件については、派遣先の企業の方針や運転手の欠員状況などによって違いがあるため、早いうちから将来性のある会社を見極めることがポイントです。一般的に、上場企業の運転手は、派遣社員を経て正社員になるまでに時間が掛かりますが、基本給や手当、福利厚生などの面で大きな魅力があり、幅広い年齢の求職中の運転手の間で関心が集まっています。

運転手の派遣サービスを利用する際は事故の心配が無い優良企業を選ぶことが大切です。また、問い合わせに対して分かりやすく丁寧に返答する他、乗務員の運転歴を公開している所を選ぶのが賢明と言えます。