2019年12月6日

ホームページ内に掲載される文章はオリジナリティーが重要

激増するWebページの数

インターネット人口は増加の一途を辿っています。また、誰でも簡単に操作できて1000ページ規模の大きなサイトを作れるCMSが次々に登場してきたため、ネット上に存在する日本語Webページの数は激増しています。Webページの数が少なかった頃はある程度簡単にサーチエンジン上位を狙えたものの、今となってはそれは難しい話です。そして、面倒でもSEOを意識したホームページ作りをしていかねばなりません。

アルゴリズムの変化について

ネット上ではコピー&ペーストを繰り返す事により、簡単に特定の事柄について詳しく説明されているページが作れます。しかし、いわゆる”まとめサイト”が、コピペの多用によりサーチエンジンの上位を埋め尽くす状況になってきた中、アルゴリズムがどんどん変わっていきました。サーチエンジンのロボットは、急速にコピーコンテンツの監視体制を強めています。2019年春に実施された大幅なアルゴリズムの変更では、コピーコンテンツを含んでいる可能性があるページの順位が一気に降格するという事が起きました。逆に、コンテンツのコピーを一切行わず、オリジナルの文章だけで勝負している滞在時間の長いページの順位は明確に上昇傾向です。

とにかくオリジナリティーを重要視する

ロボットのコピーコンテンツを見抜く能力は時間を追うごとに高まっていると言われます。そんな中、ほんの少しでも他のページからコピーした文章をペーストしてオリジナルの文章っぽく見せかけても、そのうち見抜かれてしまいます。場合によってはサーチエンジンの検索結果から完全に除外されるというような事も起こりうる事です。そのため、どんどんサーチエンジンの順位を高めていきたい場合は、完全オリジナルの付加価値が高い文章で勝負するようにしてください。

ホームページ作成とSEOは密接な関係にあります。作成したホームページへの集客を狙うのならSEO対策はしておく必要があります。